大型トラックの職種解説

大型トラックの運転を夢見てドライバーを目指す方もいるのではないでしょうか。大きな車体を難なく運転してしまうドライバーの姿に、憧れを抱くのは無理もありません。そんなトラックドライバーの主役とも言える大型トラックは、ドライバー業界で人気の職種であることに加え、企業にとっても効率良く売上を上げることが出来る乗り物として需要があります。今回はそんな大型トラックドライバーという職種について解説していきます。

目次

大型トラックの仕事内容は?

大型トラックは運ぶ荷物によって形態が異なりますが、決まった配送先へ運搬する「固定ルート配送」と都度配送先が変わる「不定期配送」とに分かれます。また荷物は総じて大きく重量の重い物が多いですが、フォークリフトやカゴ車(ロールボックスパレット)での積み込みが基本で、手積み手降ろしの必要がない場合があります。
体力的にキツく力仕事のイメージがありますが、体に負担が少ないこともあり、男性だけでなく女性の方も多く活躍している仕事です。

運ぶもの

建築資材や自動車部品、家具など大きなものが多いですが、積み込める量が多いので、雑貨や青果、郵便物の様な比較的小さな荷物も取り扱われます。

時間帯

朝・昼・晩時間を問わず仕事があります。また時間帯は取引先(輸送先)の業界や営業時間に左右されるので、求人内容に「運行ルートによる」という記載されていることがあります。求人応募の際は、取引先の業界や勤務時間について確認する様にしましょう。

走行距離

大型トラックは長距離のイメージがありますが、近隣エリア内の配送を行っている企業も多数あります。長距離の場合は2、3日かけて移動することもあるので、ちょっとした旅行気分を味わうことも可能です。各地の特産物や景色などを楽しめるのも大型トラックの魅力の一つでしょう。

大型トラックの運転に必要な免許

  1. 大型免許

大型トラックの運転には、大型免許が必要です。運転可能な大型トラックの条件としては、車両総重量11t以上、最大積載量6.5t以上のいずれかを満たしているものです。大型免許を所持していれば、小型トラック、中型トラックに乗ることも可能です。
大型免許の取得には、中型免許以下を所持し、運転が可能な自動車で3年の運転履歴があり、尚且つ21歳以上という年齢基準があります。大型免許の取得には普通免許所持者の場合30万円以上かかる為、個人で負担すると大変です。個人での取得が困難な場合は、企業が用意している資格取得支援制度を利用すると良いでしょう。

気になる平均給与

  1.  平均月給:367,190円(当サイトに掲載している企業の平均月給)

大型トラックドライバーの給料は小型トラック、中型トラックよりも平均給与が高いです。大型トラックは運転技術が必要となるので、サイズが小さいトラックよりも稼げる傾向にあります。その他長距離移動であったり、一度に多くの荷物を運ぶことが出来て効率が良いことから、歩合が高くなり易いです。

実際に大型トラックを運転している人の声

では大型トラックドライバーの方に現在の仕事について聞いてみましょう。

自動車部品を輸送しているAさん

取引先が大手自動車部品メーカーということもあり、仕事量がコンスタントにあり、途切れるということがありません。また手積み手降ろしが一切ないので、体力的に大分楽に仕事が出来ます。配送ルート先が仕事内容によって若干異なるので、飽き性の私には丁度良いです。以前は4tトラックの運転をしていましたが、手積み手降ろしがメインであったのと、給料に波があって続けることが出来ませんでした。中型トラックからの転向は自信がなかったですが、大型トラックが初めてでも先輩社員が丁寧に教えてくれたので無理なく始めることが出来ました。

建材・紙原料の輸送をしているBさん

現在の仕事を初めて3年目に突入しました。以前は10tトラックの運転をしていましたが、拘束時間が長いということもあり、なかなか家族と過ごす時間が取れない状況が続いていました。その生活が我慢できずに、朝早く出発し、夕方ごろには帰宅出来る今の職場に転職することにしました。現在は15tトラックを運転していますが、10tトラックと遜色ない運転感覚なので、思った程苦労はしていません。家族との時間が増え、仕事だけでなくプライベートも充実しています。
  1. 高収入を望んでいる方
  2. 長距離運転が苦にならない方
  3. 大型トラックの運転に憧れている方

いかがでしたか?大型トラックのドライバーに興味を持った方は早速求人を探してみましょう!

応募は会員登録が必要です

x

会員登録まで3ステップ!