中型トラックの職種解説

中型トラックは利便性の高さから、運送・配送企業で保有している車両数が多く、それに伴い求人数も多くなる傾向にあります。初めてドライバーの仕事をするには、少しだけハードルが高いイメージのある中型トラックですが、実際に未経験から始めるのは難しいのでしょうか?仕事内容や平均給与などを交えて職種解説致します。

目次

中型トラックの仕事内容は?

中型トラックドライバーの仕事は、主に運送・配送がメインとなりますが、引越しで使用するトラックの運転なども含まれます。
運転だけでなく、荷物の積み込みから降ろす作業まで合わせて行うパターンが一般的です。中には運転がメインで、運転以外の作業は助手が務めるという場合もあります。小型トラックよりも一度に運ぶ量が多いので、距離にもよりますが、1日に10件程度とそこまで多くならないのも特徴です。

運ぶもの

積載量が6.5t未満で、日用雑貨などの一般貨物や、冷蔵車で運ぶ食品類など比較的小さな荷物から、建築資材や精密機器など重量が比較的重いものまで、幅広く取り扱いがあります。

時間帯

企業により日勤・夜勤のどちらも行うところもあれば、日勤のみ、または夜勤のみ勤務となる場合もあります。食品など鮮度が大切なもので、尚且つお店が開店する前に届けなければならないこともあります。その場合は早朝に出勤し、お昼前後には仕事を終えることもあります。

走行距離

会社のある場所から近隣のエリア(県内)や、近県などの中距離(1日100km~300km程度)がメインとなる場合が多いです。長距離で中型トラックを利用している企業がありますが、あまり多くはありません。

中型トラックの運転に必要な免許

  1. 中型免許(一部準中型免許で運転可能)

中型トラックを運転するには、最低限中型免許を持っている必要があります。中型免許があれば、4t~6tトラックに乗ることが出来ます。一部凖中型免許で運転可能なモデルがありますが、ほとんどは中型免許必須という認識でいた方が無難です。
中型免許は普通免許と異なり、20歳を超えてからでないと取得することが出来ません。また普通免許を取得してから2年以上経過していることが条件となります。ある程度車の運転に慣れてから、中型免許を取得するのが良いでしょう。
資格取得支援制度を設けている企業では、普通免許のみでも応募可能な場合があります。中型免許を持っていない際は、資格取得支援制度を利用することを検討してみてください。

気になる平均給与

  1.  平均月給:315,834円(当サイトに掲載している企業の平均月給)

基本給、各種手当を含めると月給30万以上稼げるという企業が多いです。出勤日数を増やすことで更に稼ぐことが出来るので、とにかくお金を稼ぎたいという方は、週6日勤務にすると良いでしょう。もちろん週休2日にしても稼げる求人はあるので、バランスを考えて選んでください。

実際に中型トラックを運転している人の声

では実際に中型トラックを運転して仕事をしている方の声を聞いてみましょう。

建築資材・建材を運んでいるAさん

私の場合は手積み手降ろしがほとんどないので、建築資材を運んでいますが体力的な負担というのは少ないです。以前は小型トラックで飲料水を運ぶ仕事をしていましたが、手積み手降ろしがメインで大変でした。中型トラックドライバーになってからは給料も上がりましたし、体への負担が少ない仕事に就いたので、満足しています。またうちは家族手当と住宅手当が付くので、非常に助かります。 4tトラックにて食品の輸送をしています。正直朝3時に出勤しなければならないというのが辛いですが、お昼過ぎにはあがれるので、プライベートな時間を満喫出来ます。完全土日休みなので、生活リズムを崩すこともありません。月給も1年目で30万円以上稼げていますが、更に稼ぐ為に資格取得支援制度を利用して大型ドライバーに転向しようと思っています。
  1. トラックの運転が初めてで、大型トラックを乗るには抵抗がある方
  2. 近隣エリアだけでは物足りず、ある程度近県(中距離)で運転したいという方
  3. 中型免許を所持していて、ドライバーの仕事に興味がある方

いかがでしたか?中型トラックのドライバーに興味を持った方は早速求人を探してみましょう!

応募は会員登録が必要です

x

会員登録まで3ステップ!