軽貨物ドライバーの職種解説

配送の仕事というと、長距離輸送や拘束時間が長いなどの印象を持つ方も多いと思います。また重い荷物を運ぶイメージがある為、敬遠されがちではありますが、そんな中で移動距離も短く、比較的軽い荷物を扱う軽貨物ドライバーが注目されています。近年はインターネットの普及に伴い、物流案件が急激に増えており、求人の数も多くなっています。そんな軽貨物ドライバーの仕事内容や、給与事情について解説します。

目次

軽貨物ドライバーの仕事内容は?

個人、法人問わず、荷物の引き取りから、届け先へ納品する仕事がメインとなります。毎回配送先が異なるイメージがありますが、企業間のみのルート配送を行っている企業もあります。
最近案件として増えているのは、インターネットで購入された荷物の配送です。

運ぶもの

大手通販サイトで購入された商品や、商業貨物、医薬品など様々ありますが、軽貨物車両で運べるサイズ感の荷物となります。そのため、他の職種に比べて体力的な負担も軽いです。

時間帯

基本的に早朝や夜間ではなく、荷物の受け取りが可能な日中の時間を設定している企業が多いです。雇用形態によっては短時間勤務も可能であり、拘束時間が短い傾向にあります。ただし届先が不在の場合、再配達が生じて残業となることもあります。

走行距離

近隣エリアでの配送がメインとなる為、走行距離としては短いです。直行直帰を許可している企業が多く、全国にドライバーを抱えている場合もあります。その為、1企業で全国のエリアに対応しているということも少なくはありません。

軽貨物ドライバーに必要な免許

  1. 普通自動車免許

軽貨物ドライバーは軽自動車の運転となる為、普通自動車免許を所持していれば働くことが可能です。またAT限定を許可している企業もある為、ドライバーデビューするには最もハードルが低い職種です。

気になる平均給与

  1.  正社員:298,200円
     業務委託/請負:514,286円
    (当サイトに掲載している企業の平均月給)

正社員と業務委託/請負とで、平均月給に大きく差が出ています。業務委託/請負の給与が高いのは、実績に応じて給与が支払われる完全歩合制の為です。運転が得意で休みよりもとにかく稼ぎたいという方には向いていますが、安定した収入を得たいという方には正社員での雇用が向いています。

実際に軽貨物車両を運転している人の声

では軽貨物ドライバーの方に現在の仕事について聞いてみましょう。

企業配を行っているAさん

軽貨物ドライバーの良いところは自分の希望に合った仕事が出来るところですね。前職は給料が低く、またシフト制で休みもバラバラだったのですが、現在は企業配ということもあり、クライアントが休みである日曜日が固定の休みとなっています。ルートも固定されているので、勤務時間にバラつきが出ることもほとんどありません。

郵便物の配送を行っているBさん

私はとにかく稼ぎたいと考え、完全歩合制となる業務委託での契約を選びました。休みを週1回にすることで、月収50万を超えることも少なくはありません。郵便物は軽いものが多いので、体力的な負担は少ないです。普通免許さえ持っていれば始められますし、車両は貸出してもらえるので、ドライバー職の経験が無い私でも、すぐに慣れることが出来ました。特別な資格や技術を持たずにここまで高い賃金を得ることが出来る職業は、他にないと思います。
  1. 普通免許を所持している方
  2. 愛用している車で仕事をしたい方
  3. トラックの運転に自信が無い方

いかがでしたか?軽貨物のドライバーに興味を持った方は早速求人を探してみましょう!

応募は会員登録が必要です

x

会員登録まで3ステップ!